妊娠してから臨月までの案件も綴ってみよ

いつの間にか11ひと月の後半になり臨月までついに辿りつきました。受胎が分かったのは今年の3ひと月の終わりでした。高熱期がずっと続いてもしやと思い診療薬によるって専用正稼働が出て思い切り嬉しかったです。

初めての受胎でいかなる感じであかすべきか、彼からは冷ますなとたくさん言われたり、近所のお客からは安静にしてダディにいろいろ手伝って貰ってねって方針下さったり、何しろあたいは普通に過ごそうと思い未だに過ごしていました。すると、4か月幅から急に意識悪くなりつわりが来ました。そこまで悪くは無かったのですが食事が食べれなくて彼へのクッキングも手抜きになり横になって寝てばかりの日々でした。ゼリー日々が続き、約2移動ぐらい体重が減り1か月うち耐えました。

そこから暫したち自然とつわりは収まってきて逆に今度は食欲が養育してきました。食べられるのがこんなにも満足は思わなかったです。そうして暑苦しい夏はちゃんと地獄のみたいでした。アイスも言語道断とか刺々しい物は食べ過ぎないとかなんだかんだ彼に見張られて食べられなかっただ。少しぐらいは食べましたが、がっつりはいけなかったです。

そうして時分も秋になり腹もいやに出てきました。医院からはウエイト付け足しすぎるなよという心配りを受けますが我々は構わず未だに過ごしてます。胎動も思う存分蹴ってくるのでひたむき痛くて面構えが強張ります。けれども彼は嬉しそうに今日は動いてた?って一心に聞いてきます。早く見たいんだなとくすくす微笑みながら落ち着いた日々を過ごしてある。
あと少しなので残りの歳月をゆっくりとリラックスして過ごしていきたいだ。顔に残ってしまったニキビの跡は、レーザー治療で治すという方法も。